2014年1月24日金曜日

帰り道、停車中の京王線で。


今朝もよく晴れていて、暖かい一日だった。

数件アポイントを頂いたところへ奥さんと二人で伺って営業して、
合間に案件の見積もりを調整して送ったり、
今後の計画を立ててスケジュールを確認したり、
お会いした人にお手紙を書いたり、
今週末もどうやらやることは山積だねと楽しく話して
帰路に立つ。

こうして仕事をさせてもらいながら、日々楽しくやらせてもらっている。

ありがたいなと思う。


神保町で乗って、市ヶ谷のあたりで揺られているとき、
京王線千歳烏山駅で人身事故とのアナウンスが流れてきた。

急いでいるわけではないし、振替輸送を利用するのも大変なので
そのまま電車の中で待つことにして、ぼんやりと考えてみる。

この前も人身事故があったな。

あまり電車に乗らないのに、ここ1週間で2回目だ。
東京では一体、どれくらいの人がこうして事故に巻き込まれるのか。

「救出中」と車掌が言う声に、現場の様子を想像して寒くなる。
どんな日々を過ごしていて、どこで迷ってしまうのだろう。


山のような数の人がこの街で暮らしていて、
美しいもの、楽しいものも多いけれど、
あんまりとんがって、辛くなり過ぎないように、
あるいは、ちょっと困っても誰かが助けてくれるような
そんな優しい街になったらよいなと心から思います。

0 コメント:

コメントを投稿